【キッザニア東京】10倍楽しめる攻略法を実体験ベースで解説!

キッザニア東京へ行きたいけど、何時に行けば良いか、人気のお仕事は何か、平日と土日だとどっちがおすすめなのかなど、どうやって攻略して良いかわからないことが多いと思います。

今回はキッザニアに20回以上は行っている私が2024年も役立つ最新の情報も踏まえながら攻略法を紹介していきます。

攻略の流れとしては、まず行く日を決めて、お得な入場券の買い方を学び、持ち物を整理して、仕事の予約方法や人気などを学んで攻略をしていくという流れでページを構成しています!

目次

キッザニア東京へはいつ行くべきか?事前準備を攻略!

まず、そもそもキッザニア東京へはいつ頃行くべきか迷いますよね。また、どうせ行くなら空いている時がいいに決まってます!

まず、とにかく空いている時期に行きたければ、夏休みなどの長期休暇期間を除いた平日第二部が最もおすすめです。

土曜日の第二部の入場待ち列

どうしても土日しか行けないでも第二部の方が比較的空いています。そのため、とにかく空いている時に行きたい場合には第二部がおすすめです。そして、第二部の場合だとあまり早起きしなくても良いというメリットもあります。

早起きは苦手だ〜!

キッザニア東京の入場券の買い方!入場券を攻略!

行く日が決まったら、次は入場券を買う必要があります。ただ、キッザニア東京の入場料金はとっても高いです。ディズニーランドと大して変わらなくない?なんて思う時もあります。

例えば、家族4人で土曜日の第二部に行く場合は以下の料金になります。

大人 2,400円×2名
幼児 4,000円×2名
合計で12,800円の料金が発生します!※通常営業日の料金

上記はあくまで一例で土曜日といっても夏休みや冬休みの土曜に行ってしまうと、ハイシーズン料金でもっと高くなってしまったりします。

キッザニア東京は基本的に混雑しやすい時期は入場料金が高くなるダイナミックプライシングのような料金体系です。そのため、入場料を少しでも安くするため割引などを活用して攻略することは必須です!

最も安くキッザニア東京の入場券を買う方法は?入場券を攻略

最も安くキッザニア東京へ入場したい場合は、に加入して、入場券を買う方法です。

この方法を利用すると、キッザニアの入場料が1,000円引きになるというメリットがあります。特に家族連れにとって大きな節約となり、4人家族の場合は4,000円も割引されます。

しかし、このサービスを利用するためには、のサブスクサービスへの加入が必要です。このサービスは、auユーザーだけでなく、他のキャリアユーザーも利用可能ですが、加入すると月額料金499円がかかります。

は、最初の30日間は無料で利用できるので、入場券を購入後に解約をしてしまうと、実質的に無料で割引できることにはなります。ただ、いずれにせよ、こういったサブスクサービスに入りたくない場合には、じゃらんで購入し、ポイント還元を受けるといった方法があります。

より詳しくは、以下のブログで解説しています。

そのため、キッザニアを頻繁に訪れない場合や、他のプレミアムサービスを利用しない場合は、コストパフォーマンスを検討する必要があります。また、加入には登録手続きが必要で、特定の条件や期間限定のキャンペーンが適用される場合もあるため、詳細を確認することが大切です。

キッザニア東京へは何時から並ぶ必要があるの?並ぶ時間を攻略!

キッザニア東京へ行く日も決まった後、気になるのが、何時頃に行けば、人気のアトラクションやお仕事ができるのかが気になるところです。

正直、絵の具屋さんやハンコ屋さんのお仕事を絶対に攻略しようとすると、かなり早い時間から並ぶ必要があったりします。

ただ、子供たちからすると、約100種類くらいある仕事があるので、上記のような人気のお仕事を必ずしもやりたいわけではありません。また、早くから並ぶことで保護者の体力も遊ぶ前から消耗してしまいます。

そのため、入場開始する30〜60分くらいにららぽーと豊洲へ行くくらいで良いと思います。

詳しくは以下のブログでも何時からいくかを攻略しているので、良かったらご覧ください。

キッザニア東京では何を持っていけばいいの?持ち物を攻略!

キッザニア東京を攻略する上で、事前に必要な持ち物を揃えておくはとても重要です。また、キッザニアでは持ち物検査が一応あって、飲食物の持ち込みはベビーフードなど必要なもの以外は持ち込み禁止です。

スマートフォン キッザニア東京の攻略に必要な持ち物

まず一番重要なのは、スマホです。スマホでキッザニアのアプリをダウンロードして、現在空いているお仕事の状況などが一目瞭然です。ディズニーでもスマホは攻略の鍵となりますが、キッザニアでも同様ですね。

水筒 キッザニア東京の攻略に必要な持ち物

次に持っていた方がいいのは水筒です!キッザニア東京では飲食物の持ち込みは禁止されているのですが、水筒はOKです。子供たちは、お仕事で動き回るので、水分補給はとっても大切です。そして、水筒の中身がなくなってきたら、キッザニア内の自販機で買うこともできます。

キッゾやストラップなど キッザニア東京の攻略に必要な持ち物

すでにキッザニア東京へいって色々と攻略をしたことがある場合には、キッザニアのお金であるキッゾやストラップ、銀行カード、運転免許証などを持っていきましょう。

キッザニア東京で楽しみたい仕事を攻略する!

キッザニア東京で行く日時も決まって、持ち物も全て揃えたら、どんなお仕事を楽しみたいか?攻略したいかを子供と一緒に考えましょう!

そして、楽しみたい仕事を決める前に簡単にキッザニア東京のお仕事の予約ルールを説明します。

キッザニア東京のお仕事の予約について

キッザニア東京の仕事予約を攻略する上でのルールは以下のとおりです。

  • 仕事の予約は最大で2つできる
  • 2つめのお仕事の予約は、1つ目の仕事が始まる前に終わる仕事だけしか予約ができない
  • 予約する際は子供がいる必要がある(親が代わりにできない)
  • ごく一部のお仕事は身長制限がある
  • 大抵の仕事は30分前後ずつに区切られ、10時の回、10時半の回、11時の回といった感じでスロットがある
  • 時間帯は選べず、早い時間から先着順で埋められる

箇条書きで色々と書いてしまいましたが、この辺りは、実際に体験してみたりするとより流れがわかりやすくなると思います。また、予約時には、入場の際に渡されるJOBスケジュールカードが必要です。

詳しい仕事の流れなどは、こちらの公式ページで案内もあります。

キッザニア東京で人気のお仕事は?人気の仕事を攻略

キッザニア東京では、不動の大人気なお仕事が2つあります。それは

  • ハンコ屋さん
  • 絵の具屋さん

です。ハンコ屋さんでは、子供が製作したオリジナルのハンコがもらえて、絵の具屋さんでは子供が選んだ好きな色を組み合わせた絵の具セットがもらえるため大人気です。

これらの仕事を2つとも同日に体験することはまず無理です。また、1つだけ体験というのも、早くから並ぶ必要もあり現実的ではありません。

おすすめの攻略としては、上記2つは一旦諦めて、それ以外の子供がやりたい仕事を探していくのが良いと思います。キッザニア東京では約100種類のお仕事があります。また、子供たちは上記2つのお仕事よりもソフトクリームやピザを作ったり、警察官になったり消防士になることを好みます。

約100種類近い仕事は公式ページから確認ができるため、一緒に子供と見ながらやりたいお仕事を10個ほどピックアップしておくと良いでしょう。

概ね1日にできるお仕事の数は、5〜8個ほどです。そのため、10個ほどピックアップした仕事をうまく予約しながら回っていくのが攻略のポイントです。

その他のキッザニア東京のお仕事人気ランキングは以下の記事をご覧ください。

キッザニア東京を攻略する上でのよくある質問

子供達が仕事をしている間、大人は何をしていればいい?

大人は、子供たちの様子を見たり、各所にベンチやテーブルがあるのでそこで休んでいても大丈夫です。またコンセントがついた休憩所もあるので、そこではパソコンを開いて仕事をできるくらい落ち着いていたりします。

ランチやディナーなどはキッザニアでできる?

はい、キッザニアでは、モスバーガーなどいくつかご飯ができるスポットがあります。また、子供達が仕事をする中でピザがもらえたり、チャーハンがもらえたり、ハンバーガーがもらえたりするので、案外子供たちがお腹をすかせることは少なかったりします!

親は途中で一時退出できる?

保護者が1名でも中にいれば大丈夫なのですが、1名もいなくなるような状況だと外出はできないシステムとなってます。

キッザニアを3歳の子供と検討中です。攻略できるか不安・・・

3歳なりたてでも十分に楽しめます!うちの子供達も3歳になってすぐに行きました。不安なら、兄弟姉妹やお友達と一緒に行くと、仲間も増えてより楽しめるはずです!

まとめ キッザニア東京を攻略!10倍楽しむ攻略法!

今回、色々とキッザニア東京の攻略法を書いてみましたが、箇条書きにまとめると以下の通りです。

  • 空いている時に行きたいなら、平日第二部
  • 入場券を買うなら、経由がオススメ
  • スマホと水筒は忘れずに持っていこう
  • 仕事の予約方法を攻略しよう!基本的には2つまで予約が可能!
  • 事前に子供たちとやりたい仕事について話し合いましょう

その他、キッザニアを攻略するにあたって不明な点などがあれば是非お気軽にコメントいただけると嬉しいです!

コメント

コメントする

目次