【THE Room】ANA搭乗記! 航空経路や子連れ利用も解説

今回、羽田からロンドン(NH211)までANAビジネスクラスのTHE Roomを初めて搭乗しました。シートの様子や感想、航空経路、子連れ利用などTHE ROOMのちょっとよくわからないことを含めて、詳細をまとめてみました。

また、今回は初めて羽田空港の国際線用の第2ターミナルを利用したのでその様子も併せてお届けします。

目次

羽田空港 国際線の第2ターミナルをTHE Roomで初めて利用!

2023年4月から第2ターミナルでも国際線の出航が始まりました。まだ新しいターミナルなので、とてもきれいでした。そして多分、まだ余力を残した状態だと思われ、空港内もだいぶ空いていて、とても快適です。

自動で荷物預け入れやチェックインができる機械がとても多かったのも印象的でした。

そして、出国審査に行く際に、一応、申し訳程度にファストレーンが用意されていました。ビジネスクラス以上だと利用できるのですが、そもそも混んでいないので全くメリットは感じませんでした。とはいえ、一応使ったのですが・・・笑

出国審査を抜けると、数店舗の免税店と小さな本屋、薬局などがありました。カフェレストランもあり、海外の方々が結構食べていました。羽田空港の第3ターミナルよりは大分店舗の数などは少ないです。

ANAラウンジ 羽田空港 第2ターミナル国際線

羽田空港の国際線第2ターミナルのANAラウンジは、びっくりするほど広かったです。特に大きな仕切りとか構造的に部屋が別れていたりするわけではないため、より広く感じました。

ANAラウンジの室内マップは以下のような感じです。

最初に伝えた通り、まだまだ第二ターミナルの利用者数は少ないため、ANAラウンジもとても空いていました。

あまりに空いているため、使える場所を一部制限していました。多分、お掃除などの手間を減らすためですね。窓際の座席に誰も座ってませんが、制限をしているためです。

お食事メニューは他の国際線ANAラウンジと大きな差はありませんでした。カレーやパスタなどの他にラーメンやうどんなども注文できます!

お酒も大きな差はありませんでしたが、ウィスキーの知多が置いてあったのが嬉しかったです。大体、角瓶やAOが多いイメージでした。他にもいろいろなお酒がありました。

ANAラウンジや羽田空港にキッズスペースはある?

国際線の羽田空港第2ターミナルのANAラウンジには小さいキッズスペースがあります。ただ、お子さんはすぐ飽きてしまいそう・・・笑

ちょっとしたおもちゃやテレビなどがあります。ただ、収容人数は2−3人・・・!?

ちなみにキッズスペースは、ANAラウンジ以外にもあって、搭乗ゲート付近にもあります。こちらは大型液晶ディスプレイとキッズスペースがリンクしてて多くの子供達が楽しんでいました。

ここで遊びたかったー!

ANAのTHE Roomの導入路線は?料金は?特典航空券の予約方法は?

今回は、NH211羽田からロンドンの便をペアで取りました。ANA THE Roomは、今の所、ロンドン・ニューヨーク・サンフランシスコといった長距離線で導入されています。

特典航空券で取ったのですが、競争が激しいTHE Roomの便を取れたのは運が良かったところもあります。私たちの場合は、1ヶ月を切ったくらいで毎日のように検索をしていたところ、たまたま空きを見つけて予約をしました。

ANAでは、出発日が近づくと需要に応じて特典航空券で予約できる席をちょっとずつ空けてくれるので直前まで見ておくのはとても大切ですね。

普通に予約すると、80〜100万ほどするので、とてもではないですが、マイル以外で搭乗しようとは思えません。。。

ANA THE Roomの中の様子 NH211ビジネスクラス

と、とにかく広い・・・!そして、真ん中の列はペアとなっており、家族や恋人、友達といっても、とてもコミュニケーションがとりやすいのも嬉しいポイントです!

テレビも大きい!私のMacと比べると大きさの違いがわかります。そして、座席で仕事もしやすく、テーブルも可動式です。

収納も充実していて、iPadがこちらの箱に入れられます。また、コンセントなどを利用しながらも扉を閉めることができるのも嬉しいポイントです。唯一の弱点は、MacBookはギリ入れられませんでした。笑

コンセント、USBポート、さらにはHDMI端子まであったのは驚きました。また収納を閉じた状態で充電ができるのはよく考えられているなと感動でした。

そしてリクライニングするとフルフラット。枕は2つ置けるので、もはやペアで眠れるくらいの広さですね。

そして、The ROOMという名前だけあって、個室空間にすることも可能です。ただ、多少の隙間は空いてしまう仕様です。とはいえほとんど気になることはありません。

このついたては、真ん中の列のペアシートにあるものです。ボタンひとつでついたてが完全に下がり、お友達や家族などと、とてもコミュニケーションが取りやすくなります。

THE Roomのお食事や飲み物について

離陸後すぐにお食事の準備がされました。パンが温かくて美味しかったです。おかわりしてしまいました。

お食事はコースになっており、メインがこちらです。ANAラウンジでも結構ご飯を食べてしまったので、かなりお腹いっぱいになりました。お肉は若干かたかったですが、味はしっかりしていました。

何よりも私が大好きなのは、いつでも頼めるアラカルトメニューです。今回は、ラーメンとカツカレーを頼みました。

こちらのカツカレーは、おからこんにゃくで作られており、肉は不使用でヘルシーなのですが、特に普通のカツカレーと変わらない美味しさでした。熱々で提供されるのが嬉しいです。

次にラーメンも頼みました。ラーメンはプラントベースでこちらもヘルシー。主食級をいつでも頼めるのはとてもありがたいです。

また、ハーゲンダッツのアイスクリームもいつでも頼めます。新幹線のアイス同様、カッチンコッチンなので、食べるのに一苦労です。笑

そして、ドリンクはアルコール含め一通り揃っています。私はハイボールが好きなのですが、濃いめ・薄めなど細かい要望も伝えることができ、とてもありがたいです。

THE Roomは子供連れにもおすすめ?うるさい?

THE Roomは赤ちゃんも含め子供連れにはとてもオススメの空間です。フルフラットにすると、ちょっとしたフルフラットの漫画喫茶くらいの広さにはなります。

漫画喫茶に例えてしまうと、急に安っぽく感じてしまいますね。。

私が搭乗した時は、赤ちゃん連れでお母さまと赤ちゃんで乗っている方々がいました。赤ちゃんは自由にTHE Room内を歩き回っていて、飛行機に乗っているというより、家で動き回っているような感じでした。

そして、難しいのは3歳〜4歳です。このくらいの年齢の子は、親と離れる経験がなく、耐性もあまりないため、THE Roomの離着陸時などに一人で座るのが不安になってしまうケースがあります

どうしても二人で座るわけにはいかないので、そういったことが耐えられるかが鍵になってくるでしょう。

5歳以降くらいになってくると、大分、親の言うことも守れるようになってくるので、安心して乗せることができるはずです。また、ベルト着用サインが外れれば、1席のTHE Room内に2人で滞在もできます。

THE Room内で子供や赤ちゃんはうるさい?大丈夫?

ビジネスクラスのTHE Roomは個室空間が確保されている分、比較的静かではあります。そういった中で赤ちゃんや子供と一緒に乗せて大丈夫か不安ですよね。

私の実体験も含めた感想で言えば、大丈夫です!そう思う主な理由は以下の通りです。

  • 飛行機内はそもそもうるさい(常にゴォーという音が出ている)
  • ANAのCAさんがめっちゃサポートしてくれる
  • THE Room内はそもそも個室なので多少の騒音防止になる
  • みんなに耳栓が配られている
  • 満席になっていることは稀なので、周りに人がいない席に変更も可能

とにかく、飛行機内はもともとうるさいので、多少の騒音ならかき消されます。そしてビジネスクラスに配置されるCAさんは乗客に比べて多く、親身に対応してくれます。トイレで抱っこしてくれたり、お湯のサポートなど。

正直、個人的にはイビキなどのほうがずーっと断続的に続くので、一時的な赤ちゃんの泣き声などにストレスを抱える人は少ない印象です。

ただ、もちろん対策も必要です!!!私が実際にしている対策は以下の通りです。

そもそも飛行機に慣れる

いきなり長距離線は危険なので、まずは国内線などで赤ちゃんや子供が飛行機内の環境に慣れさせることが重要です。小さいお子さんによっては、耳に違和感を覚えたりすることも多いです。そういった時には温かい飲み物を飲んだり、温かいおしぼりを耳に当てるのが効果的です!

飛行機を好きにさせる

私は子供と絵本を読んで飛行機にポジティブなイメージを持たせています。また、おもちゃなども有効ですね!

絵本だと、飛行機しゅっぱつ!は、ANAを題材としており、うちの子供が大好きな絵本の一つです。

おもちゃは、機内でも木の飛行機がもらえたりします。それ以外だと、うちの子供はANAの飛行機を持って乗ることが多いです。トミカのエアポートセットは一通り揃ってるので、子供のお気に入りです。

created by Rinker
¥3,839 (2024/02/23 18:16:00時点 楽天市場調べ-詳細)

THE Roomでオススメの子供向けサービス!

一番オススメしたいのは、テレビです!とにかく子供向けにも充実していて、キッズ用を選ぶと、以下のように視覚的にもわかりやすい画面になります。ちなみにテレビはタッチ操作も可能です。

また、映画なども充実していて、アナ雪やトイストーリーが見られたりするので、子供にも大人にも嬉しいサービスです。

地図も子供仕様になっていてかわいいです。

また、うちの子供は、機外カメラで外の景色をテレビで見るのが好きでした。

THE Roomのよくある質問 航路、

羽田からロンドンまでは何時間くらいかかる?

通常は12時間前後ですが、ロシアの上空を飛べないため、15時間近くかかります。。。

羽田からロンドンまでの飛行経路はどんな感じなの?

私の最初のイメージは、ロシアの上の方を通っていくのかなと思ったら、全然そんなことはなく、北米のグリーランドの上空を通ってロンドンへ向かいました!2Dの地図だとイメージつきにくいのですが、右上に向かう感じでした。

北極は通らないの?オーロラは見えた?

北極は残念ながら通らないです。また、グリーンランドを通る際、運がいいと機内からオーロラが見えるのですが、今回は見えませんでした>< ただ、日本では見ることができないような景色を見ることはできました。

マイルはどうやって貯めたの?

こちらのブログでマイルの貯め方や上級会員になる方法をまとめています。

特典航空券以外で航空券をお得に取る方法はある?

マイルを利用しない場合には、エアトリで最安値を比較して取っています。エアトリだと、LCCを含めてかなりの数の航空会社の価格を比較できるので、助かっています。

航空券/飛行機チケットの予約なら エアトリ

航空券/飛行機チケットの予約なら エアトリ

AirTrip Corp.無料

海外での通信手段は何を使っている?

一番、手軽に追加料金かからずやるなら、ahamo一択です。ahamoは、海外でも追加料金が発生せず、20GBの範囲内で利用ができてしまいます。

ただ、ahamoへ変更したりするのが面倒であれば、airaloがオススメです。理由は海外での通信サービス系では一番安く、e-simも利用できるためです。もし、利用される際は、紹介コードに SATORU3788 を入力すると3ドルの割引がつくので、良かったら利用されてください。

THE Roomでおすすめの席はある?

家族やお友達と行かれる場合には、真ん中のペアシートがおすすめです。お一人での旅でしたら、窓際一択です。また、THE Roomは、進行方向に対して後ろ向きに座るシートが半分近くあります。実際乗ってしまうと気にならないですが、酔いやすい方などは念のため、進行方向向きの座席がおすすめです。

まとめ 【THE Room】ANA搭乗記! 航空経路や子連れ利用も解説

これまで色々なビジネスクラスに乗ってきましたが、The Roomはビジネスというかもはやファーストに近い印象でした。これがビジネスなら、ファーストってどんだけなんだという印象も持ちました。。

そんなこと言いつつ、私は、ファーストクラスなんて乗ったことないので、比較はできないのですが。笑

THE Roomの弱点を挙げるとすると、これに乗ってしまうと、他のビジネスクラスが狭く感じてしまいます。。。私は帰りはルフトハンザのビジネスを利用したのですが、ちょっと狭い印象を受けてしまいました。そんなことはないんですけどね。

そして子供づれにも是非おすすめしたいです!

コメント

コメントする

目次