ルフトハンザ航空のビジネスクラスに乗ってみた(LH742/A350-900)

ルフトハンザ航空LH742(A350-900)のビジネスクラスに搭乗しました。シートの様子や座席配置、おすすめの座席など色々と解説していきます。旅程はミュンヘンから関西空港でした!ルートとしては、ロシアの下を通る感じで約11時間の飛行でした。偏西風も手伝って帰りは少し早いのが嬉しいです。

目次

ルフトハンザのビジネスクラスのシートは?

ルフトハンザ航空LH742(A350-900)のビジネスクラスは、以下のように2席・2席・2席の構成です。

もし、座席指定で空いていたら、1列目または7列目がおすすめです。この列は、前方に大きな棚のようなものがあり、ちょっとしたと荷物が置けたりします。

ルフトハンザLH742/A350-900のビジネスクラス座席図


私たちが乗ったのは、真ん中の2席でした。ペアで乗っています。真ん中のシートは、中心にやや傾いて座席が設置されています。

窓際の2席は、共にやや窓際を向いて配置されており、真ん中のシートは互いがやや真ん中に傾いたシートでした。

窓際のルフトハンザビジネスクラスシート

シートはもちろんフルフラットに可能!長距離線では、フルフラットが当たり前になってきていますね。
縦は十分なのですが、横に関しては若干だけ狭いかなという印象はあります。寝返りなどは流石に難しいです。

マットレスもついているので、敷いて寝ることができます。

また、以下のように座席のリクライニングは色々な部位を細かく調整することができます。ただ、どの航空会社のシートもそうですが、ボタンがありすぎて、よく違いがわからなかったり、操作方法がいまいちわからなかったりします。。。

 ルフトハンザ・ビジネスクラスのアメニティやテレビなど

ルフトハンザ・ビジネスクラスのアメニティ

ルフトハンザのビジネスクラス・アメニティ

ポルシェデザインの黒いカッコいい袋に以下の物が入っていました。

・ロクシタンのコンフォートクリーム
・ロクシタンのプレシャスクリーム
・ルフトハンザの木製歯ブラシ
・靴下
・イヤーパッド

アイマスクや耳栓はトイレにありました。あとは炭酸水もあったのですが、栓が固すぎて開けられませんでした。ちなみにルフトハンザの木製歯ブラシはとってもオシャレで使うのが勿体無いくらいです!

そして、パジャマはリクエストベースでもらえます。サイズもSからXLまであります。ただ上のパジャマだけしかもらえませんでした。

テレビはそこまで小さくなくみやすい大きさです。リモコンはテーブルと共に肘置きにあります。

映画やテレビ番組は海外のだらけで日本のはありませんでした。。洋画が好きな人だといいかもしれませんが、子供連れの場合などは観るものがなくて飽きてしまいそう。ちなみに私も観るのがなくて残念でした。

コンセントも完備されていて、日本のコンセントなどマルチに対応できる仕様です。ただドイツやヨーロッパはCタイプなので、もし変換アダプタがなければ事前に購入しておきましょう。

収納は大きく2箇所あり、一つは、タブレットや本、雑誌を置けるスペース。もう一つは完全に引き出しとして、収納できるスペースです。引き出しには、アメニティとお水がありました。

ルフトハンザ航空の収納スペース

ルフトハンザ・ビジネスクラスのWIFIの実力は?料金は?A350-900

今回は、ルフトハンザ航空のA350-900のビジネスクラスに乗ったのですが、約11時間の飛行なので、もちろんWifiも利用しました。Wifiはファーストクラス以外は、一律有料です。

ルフトハンザのWifiの料金は?

ルフトハンザのWifiプランは以下の通りです。個人的には長距離路線であれば、フルフライトプラン一択かなという印象です。

項目FlyNetメッセージFlyNetプレミアムFlyNetフルフライト
料金5ユーロ(約800円)15ユーロ(約2,400円)25ユーロ(約4,000円)
時間無制限2時間無制限
速度100Kbit4Mbit4Mbit
ルフトハンザのWifi料金表

LINEやメッセンジャー、SMSくらいであれば、メッセージプランもありですが、100Kbitはメッセージすらも受信に時間がかかったりするレベルです。写真などは遅すぎて送れません。

ルフトハンザのWifi速度は?

ルフトハンザのWifiでびっくりしたのが、最大4Mbitという点です。ほんと!?って感じでしたが、実際に使ってみると確かにこれまでの航空会社の中で一番速かったです!

実際に速度を測ってみた結果は以下の通りです。機内で2Mbps出るのは、めっちゃびっくりでした。

ルフトハンザのWifiスピード

ただ、じゃあ動画なども快適にみられるかといったらそういうわけではありません。軽いWebページなどであればそこまでストレスを感じずにネットサーフィンできるかなーといった感じです。地上であればこの程度の速度だと、まあ問題ないのですが、やはり機内だと常時この速度が出るわけでもないので、やはり快適性はそこまで良くはありません。

ルフトハンザのビジネスクラスのお食事や軽食、ドリンクは?

ルフトハンザのビジネスクラスのお食事は、そこまでめっちゃ美味しいという感じではありませんでした。今回はLH742便のドイツ・ミュンヘンから関西空港への旅でしたが、乗った直後と離陸前に機内食が提供されました。

乗った直後の機内食はチキン、和食などから選べるスタイルです。希望があれば早めにオーダーしないと売り切れになります。実際に何人か和食を希望していましたが、品切れで断られていました。

また、ANAなどはいつでも頼めるアラカルトとして、ラーメンや丼があったりしますが、ルフトハンザでは、バースペースに置いてあるサンドイッチやスナックを自由に取るスタイルでした。

ドリンクについては、CAさんにお願いすれば、アルコール含めいつでも用意してくれます!

よくある質問 ルフトハンザ航空 ビジネスクラスに乗ってみた

マイルをお得に貯める方法を知りたい!

私は、陸マイラーなのですが、こちらのブログでマイルが貯まった経緯やANAの上級会員になった話をしています。

マイル以外で航空券を取る場合のおすすめは?

私はエアトリで価格比較してから航空券を取っています。エアトリだと、LCCも含めた数多くの航空会社から比較ができるので、最安の航空券が見つかりやすいです。

航空券/飛行機チケットの予約なら エアトリ

航空券/飛行機チケットの予約なら エアトリ

AirTrip Corp.無料

ルフトハンザのビジネスクラスでおすすめの席はある?

今回のLH742( A350-900)だと、1列目・7列目のシートがおすすめです。前方に大きな棚があり、いろいろなものを置けるためです。

海外でスマホなどでの通信は何を利用している?

が追加料金・設定不要なので、使ってます。を契約していない場合は、airaloがオススメです。理由は一番安く、e-simも利用できるためです。もし、利用される際は、紹介コードに SATORU3788 を入力すると3ドルの割引がつくので、良かったら利用されてください。

ドイツ・ミュンヘンでは何を利用してホテルを取った?

今回は、ハンプトン バイ ヒルトン ミュンヘン シティ センター イーストというホテルを取りました!いつもは、楽天トラベルで予約をするのですが、ヨーロッパが弱いため、エクスペディア(外資系最大手サイト)を利用しました。他だと以下あたりがおすすめです。

ドイツ・ミュンヘン空港のラウンジ情報は?

こちらでミュンヘン空港のラウンジについてまとめています!ルフトハンザのビジネスクラスやSFC会員の方などはぜひご覧になってみてください。

まとめ ルフトハンザ航空のビジネスクラスに乗ってみた(LH742/A350-900)

今回は、ルフトハンザのビジネスクラスに乗った搭乗記をまとめてみました。

ルフトハンザ航空のサービスは、悪くはなかったです!ドイツのCAの方もとてもいい人でした。日本人のスタッフさんもいるので、英語ができない人でも安心です。また、Wifi速度もとても早くこの点も良かったです!

ただ、食事だったり、座席についてはそこまで他と比べて良いというわけではありませんでした。いずれにせよお金を払わずマイルで乗っている立場なので、そんな生意気なことは言えませんが。笑

ちなみに普段は、あまり機内で眠れないのですが、今回は現地の23時に出発しているので、食事が出てからすぐに寝ることができました。現地の遅くに出発というのは、現地を最後まで楽しめるし、機内で寝やすくなるので、とても便利だなーと感じました!

こちらのブログではマイルのお得な貯め方や搭乗記などを載せています。良かったら他の記事もぜひご覧になってみてください。

コメント

コメントする

目次