スポンサーリンク

体調不良でキッズドクター使ったら、便利すぎて死にそうになった話

キッズドクター その他
キッズドクター

最近またコロナが流行り始めていますね。そんな中で、初めてキッズドクターというアプリを使って、診察から処方箋をもらうまで全てを体験してきたので、使った感想を口コミとしてブログにまとめました。発生した料金もお伝えします!

スポンサーリンク

アプリを使うまで

子供が39度の熱を出してしまい、かかりつけで口コミ評価も高い近くの病院へ診療に行きました。そうしたところ、コロナもRSウイルスも陰性で特に問題なかったのですが、、、なんとその風邪を父親の僕がもらってしまいました。。

どこで風邪をもらったのかわからないのですが、キッザニアカンドゥーあたりだったかもしれません!

僕も熱が39度出てしまい、とりあえずコロナではないと思ったので、どこかで薬が欲しいけど、動くのが面倒くさいし、何より辛い。。。そんな時にレビューや口コミの評価も高いキッズドクターアプリを思い出し使ってみることに!

キッズドクターって大人でも使えるの?

キッズドクターという名前なんですが、大人の利用もできます。大人だけが利用することができます。使い方は、子供同様に自分の情報をアプリに登録するだけです。

アプリを使って診察まで

自分の情報と症状を一通り登録して、保険証も写真で撮ってアップロード。そして、オンライン診断を予約することに。僕が利用したときは金曜の夜9時半頃。待ち人数は3名と出ました。

布団に寝っ転がりながら、しばらく待つかと思っていたら、登録して数十秒で通知が入って、入室してくださいと出ました。

オンライン上でカメラを利用しながらの診察なのですが、僕は辛かったので布団で寝たまま診察を受けることにしました。

いざ診察・・・!

ドキドキしながら接続すると、現れたのはイケメンの若いお医者様でした。お医者さん情報は、アプリで確認できるようになっており、日暮里病院の方でした。ただおそらくお医者さんもお家からやっているように思いました。

改めて症状を伝えて、恐らく風邪なので対症療法になりますが、薬をお出ししますとなりました。

この間、1分程度でしょうか。特に喉を診てもらったり、特別なことはしてもらわず、ちょっとお話しして診察終了という感じです。終わる前には疑問点や聞いておきたいことありますか?といったことも丁寧に聞いてくれました。

診察を適当にされたという感覚は全くなく、こちらとしてはベットで寝ながら診察を受けられて、処方箋までもらえることになったので本当にありがたい限りでした。

どうやって処方箋やお薬を貰えば・・・?

処方箋やお薬をどうやって貰えば良いのだろうと少し不安に思っていたところ、アプリからまた通知が入りました。オペレータさんからチャットで処方箋を送ってほしい薬局を教えて欲しいとのことでした。

僕は近くの薬局のURLを送りました。そうすると、そこに直接FAXをしてくださるとのことで、僕は何かすることなく、薬局へ処方箋が送られることになりました。

そして次に支払いはどうすればいいのだろうと思っていたところ・・・

料金は高かった?

料金は1,962円でした!普通の診察と料金はそこまで変わらない印象でしたがいかがでしょうか。少し高いかもしれませんが、夜間料金などが取られているのかもしれません。

クレジットカードのみでの支払いでした。オンライン上で決済をすませ、その頃には22時を過ぎていました。もちろん薬局は空いていないので明日薬局へ行くことになります。

次の日・・・

薬局から朝イチで電話があり、FAXで処方箋受信していて、もう準備できているので保険証持ってきてくださいとのことでした。

最後に メリットやデメリット

メリット

  • ベットに寝たまま診察が受けられる
  • 土日や夜間に対応してくれる
  • 薬を受け取りたいだけの場合、めっちゃ便利

デメリット

  • 細かい検査などは受けられない
  • 薬をもらう場合、薬局へ行く必要はある
  • 日中は受付していない

とにかく1番大事なのは、風邪をひかないように予防することですね笑。効果があるか知りませんが、ビタミンCを積極的に取ったり、お医者さんにおすすめされた携帯用消毒スプレーをこまめに手指にして気をつけます><

今回、使ってみて口コミ評価が高かった理由が理解できました。とにかく手軽で案内に従って身を任せていれば、全てが完結してとても楽でした。ただ、詳しい検査をしたいケースなどは不安の解消にはならず、合わないケースもあるかもしれません。

次回は、訪問診療もやってみたいです。まあ、体調不良にはならず使わないのが1番なのですが・・・笑。料金は普通の診察と変わらず、口コミもかなりいいので、体調不良の際はおすすめしたいサービスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました