スポンサーリンク

プチ親子留学計画 その3 〜宿泊先以外決めた!〜

親子留学
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近は、毎日数時間は親子留学のことを考えて安い航空券を探したり、宿泊先を考えたり、学校情報を調べたりしていました。やっとある程度、結論が出てきたのでまとめて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

行き先は?どうやって行くの?

これまでハワイかカナダのバンクーバーでとても悩んでましたが、ハワイにすることにしました!決め手は、、航空券の値段です。。笑

やはりカナダとハワイだと、ハワイの方が安くて飛行機に乗る時間も少なく快適そうだからです。また、今回はマイルを利用してハワイに行く予定ですが、ANAがA380フライングホヌという総2階建ての飛行機を運行していることも決め手の一つになりました。子供は、この2階建て飛行機にずっとのりたいと言っていたので、プチ親子留学において、子供のモチベーションが少しでも上がるならと思い決めました。

どこのスクール・学校に決めたの?どうやって探した?

幸いには、ハワイにはいくつか5歳の子供でも受け入れてくれるスクールがありました。また、そのスクールは日本人スタッフの方もいらっしゃるので、色々と相談することもできたので助かりました。

そして、いろいろな留学エージェントにも問い合わせたのですが、そのあたりについてはまた今度詳細を書きたいと思います。

スクール名はまたの機会にご紹介したいと思いますが、ホノルルにある学校です。親子で同じ学校に通うことができます。

日本人が多くいそうであったり、日本人スタッフというのは日本語を使ってしまうというデメリットにもなりかねません。しかし、5歳の子供の初めての親子留学なので、なるべく子供の負担を減らしたいという思いもあって、今回決断することができました。

宿泊先は?ホテル?ホームステイ?コンドミニアム?Air BnB?

ここが今本当に悩んでいます。まず、ホームステイは既に満室で受け入れ不可です。次にスクール提携先のコンドミニアムなどですが、虫やゴキブリの心配があって、、、。。。AirBであれば、レビューをしっかりみながら選定もできますが、やはりコンドミニアム同様、虫やゴキの心配を。。。

もはやハワイという土地でそう言ったところは切り分けて考えないといけないですし、郷に入ったらという部分もあるのですが、、、。

ホテルに関しては、やはり値段がネックです。リゾート税が約18%も取られるのも大きいですよね。

宿泊先に関してはまだ空きが十分にあるため、もう少し悩んで決めたいと思います。

今後

まだ子供には親子留学のことは伝えていないので、徐々に伝えていかないといけません。特に僕の場合、妻と子供ではなく、父と子供です。やっぱりどうしても子供ってママが大好きなので、2週間ママと離れるのも辛いので、その点をしっかりフォローしていきたいと思います。

また、宿泊先も考えます。そして観光スポットなどもこれから調べていきたいです!

前の記事へ     次の記事へ

最初から読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました