スポンサーリンク

5歳の子供に6つのオンライン英会話スクールを受けてもらって、最終的に決めたのは意外なところ!?

子育て

僕は、今オンライン英会話をやっているのですが、子供にも受けさせたいなと思って色々と実際に試したので僕自身の口コミとしてまとめました。3歳から少しずつはじめて、4歳で色々と調べ今は5歳になっています。最初は、通学系のスクールも検討したのですが、週1回でグループレッスンで50分8,000円〜して、入学金や教材費もかかるのがネックで諦めました。オンライン英会話スクールは安くて、より多くの時間をマンツーマンで対応してくれるので、子供にもやってみてもらうことにしました。ただ、口コミを見ていると実際に受けているかよくわからなかったので、実際に色々と試してみました。

スポンサーリンク

Native Camp おすすめ度 ★★☆☆☆ 1,980円(親も加入の場合)

Native Campの授業風景。テディベアが教えてくれている・・・!

僕は、Native Campの会員なので、子供を1,980円で追加できるので迷わずやらせましたが、1ヶ月でやめました。子供向けの教材レベルが高めで4歳の子供にはついていくのが難しかったです。

アルファベットの練習があったかと思うと、会話のロープレになったり、子供は混乱していた感じでした。また、子供にとって教材に楽しい要素が少ないのもよくなかったです(絵がたくさんあったり、歌をうたったり、効果音が多かったりなど)。

もう少し教材の質が上がってきて子供がもう少し大きくなったら、僕と一緒にまた再チャレンジしてみたいと思っています。受け放題でコスパがいいのはとても魅力ですしね。

ただ、子供が1番喜んでいたポイントは、テディベアとレッスンを受けられることでした。テディベアといっても、アバターで実際には裏で普通の先生がいるのですが、子供からすると、そんなことはわからず、とても喜んでいました。

QQ English おすすめ度 ★★★★★ 2,680円〜

QQ Englishの実際の授業風景。選択式の問題を解いています。

QQ Englishは、教材の質がよく、子供を楽しませる工夫が多かったです。

  • トロフィーがもらえる機能
  • 一緒に歌を歌うレッスンがある
  • レッスン中にゲームができる(絵合わせをマウス上で子供が選択させたりする)

この中でもトロフィーがもらえる機能が思いのほか子供の食いつきが高くびっくりしました。何か正解すると先生が必要に応じてトロフィーをチャリーンってくれるのですが、それを今日10個もらったー!など喜んでくれます。特にトロフィーを100個もらっても何かいいことがあるわけではありません。

カリキュラムも4歳からでも楽しめる感じでありがたいです。レベルもかなり細かく分かれているので、3歳や4歳から進めても大丈夫そうです。もちろん、若干難しいものも出てきます(文の並べ替えゲームなど)。

弱点としては、復習や予習用にカリキュラムを見ることができないことです。これが結構痛いんですよね。復習や予習をしたければ、紙の書籍を買ってねスタンスです。1冊1,600円・・・!

DMM英会話 おすすめ度 ★☆☆☆☆ 6,480円

DMM英会話の授業風景。人形を英語で何ていう?

DMM英会話は、アルファベットから比較的簡単に導入できるようなテキストになっています。その点は比較的いいのですが、レッスンが退屈なんですよね。子供は飽きてました。A Apple B Bearという感じで流れ作業なのも問題がありそうです。

ただ、比較的予約が取りやすいというのはメリットではありました。一方でめっちゃ講師がいるので、講師の質にもばらつきがあって、質が高い人にあたれる確率も少なめなところもありました。

また、月額費用も比較的高めなのも少しマイナスポイントでした。

hanaso kids おすすめ度 ★★★★☆ 3,300円〜

hanaso kidsの授業風景。英語の歌を歌っている。

hanse kidsは、子供が飽きずに楽しんでいました。テキストが3歳や4歳くらいの子供でも比較的、取っ付きやすい仕様だったのが嬉しいポイントです。

アルファベットを習うと同時にそのアルファベットから連想される絵がいくつか描かれており、それを答えていきました。AならAとAppleやAirplaneを習うイメージです。この仕様のテキストは他のオンラインスクールでもみられるのですが、ここのスクールのテキストは絵がわかりやすく、大きくて比較的簡単だったので子供も楽しそうにやっていました。

また、歌をうたう項目もあり、見よう見まねでtwinkle twinkle little starを歌ってました。

レッスンはZoomレッスンです。そしてテキストは先生がZoomの画面上に表示してくれました笑。結構アナログでビックリしましたが、案外それがみやすくてよかったです。そして子供も必死に画面を見て飽きずにやってくれている印象でした。

先生の数はそこまで多くなく、少し微妙な先生にあたることも何度かあったので、ちゃんとお気に入りを何人か見つけたいところです。

ここのスクールは、大人のテキストは、関正生先生が監修しています。僕もそれが魅力ではじめたのですが、サポート体制が微妙で辞めてしまいました。

学研のkimini おすすめ度 ★★★☆☆ 6,480円〜

学研のkiminiオンライン英会話の授業風景。テキストがかわいい。

学研のkiminiオンライン英会話は、幼児教育に力を入れているだけあって、教材は子供が楽しくなるように作られています。絵が中心になっていて、その絵の英語を学んでいくイメージです。また、歌の時間などもあるので、子供は楽しそうにやってくれました。

ただ、学研の残念なところは、1レッスン15分しかなく、月額料金も高めなところです><。また一部教材は書店で買う必要もあります。

子供にとっては、15分で終わるので嬉しいと思うのですが、親からすると、子供に授業を受けてもらうまでも結構苦労するのでw、、、できれば25分はやらせてあげたい思いはあります。

ただ、あまりコスパなどは気にしない場合、学研のKiminiはQQ English同様におすすめできるオンライン英会話スクールです。しかし、オンライン英会話って基本的にコスパがいいからやるわけで・・・笑

クラウティ おすすめ度 ★★★★☆ 7,150円〜

家族で使えるオンライン英会話クラウティは、家族で共用して利用できるのが魅力だと思いました。今、僕は子供とは違うオンライン英会話スクールを利用しているのですが、一緒にできればコストも安く収まるなーと思いました。

教材については一部学研と提携しているようで、かなりレベル分けが細かく、4歳のうちの子供でも全然対応ができました。また、ここも絵のトロフィーなどをくれたりして、子供は喜んでました。笑

価格なのですが、毎日レッスンを受けられる代わりに月額のコストはやや高めです。そのため、やはり親子で一緒に受けるならおすすめだなーという印象です。

最後に子供はどこを選んだ!?

子供は、最終的にQQ Englishに決めました。最初は、テディベアに魅せられてNative Campにしたのですが、当時3歳の子供にとっては難しく諦めて、QQ Englishにしました。

色々なスクールのレッスンを受けて、1番感じたのは、スクールというか先生次第だなということでした。各スクールにものすごい数の先生がいます。もちろん、いい人もいれば悪い人もいるので、テキストが良くなくても先生がよければ結構楽しめます。

そのため今回僕が合わなかったスクールでも、人によっては合うケースもあるので、是非色々と試してみていただければと思います。ちなみに全てのスクールで無料体験が用意されてるので、とりあえず一通り試すのがいいなと感じました。

僕の子供は、現在QQ English で頑張ってますが、何かおすすめの英会話スクールなどあればぜひコメントなどで教えてください!

また、現在は5歳になった子供との親子留学日記も書いているので良かったらぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました