スポンサーリンク

2022年7月フライト・オブ・ドリームス(フライトパーク)に子供と行ってきた!

フライトオブドリームス・フライトパーク 観光スポット
フライトオブドリームス・フライトパーク

2022年7月、名古屋・中部国際空港にあるフライトパーク(フライト・オブ・ドリームス)に子供たちと行ってきました。2021年末にリニューアルした施設の遊び方、混雑状況、子供の遊び場などブログでご紹介します。

スポンサーリンク

入場料やお金はかかる?

入場料は無料です。子供の一部遊び場は有料ですが、子供1日券が500円で大人は無料で入ることができます。そのため、子供連れの家族にとっては、お財布にとてもやさしい施設です。

また、フライトシミュレーターは事前予約で15分3,300円から出来るのですが、かなり本格的な仕様で子供が遊びでやるという感じでもないので、子供連れの家族にはあまりおすすめできません。

施設の紹介

  • ボーイング787の巨大飛行機
    • コックピット見学をする
    • エンジンを間近で見る
    • 仕組みなどの説明を読む
  • フライトシミュレーター
  • ボーイングストア
  • キッズエリア

まず、メインはボーイング787の巨大飛行機見学です。これは本当にカッコいいです。子供たちも大きな飛行機・エンジンなどに感動していました。ただ、子供たちはほとんどキッズエリアに夢中でした。。

ボーイングストアでは、ボーイングの飛行機関係の色々なグッズを買うことができます。私たちは記念に子供用のTシャツを購入しました。1,500円で購入できたので、比較的安く購入できて助かりました。楽天市場Amazonでも一部取り扱いがある模様です。

キッズエリアの詳細は以下をご確認ください。

キッズエリアの紹介

キッズエリアは色々な遊具があるので、細かく紹介していきます。

乳幼児向けエリア(太陽と月の広場、星のこんぺい塔、夢見る管制塔)

0〜3歳くらいまでの乳幼児向けの広場です。小さな滑り台がいくつかあり、小さなボールプール・アスレチック遊具などもあります。

もくもクラウド

キッズエリア唯一の有料エリアです。3歳以上の子供は、1回券300円・1日券500円です。保護者や2歳以下は無料です。

ここは、大きな網が3階構造になっており、3階まで網をつたって登ったりすることができます。3階までのぼると、トランポリンやチューブ型の滑り台もあります。滑り台では3階から1階まで一気に下るチューブ型で子供たちの大人気アトラクションの一つです。

クラウドライン(ターザンロープ)

飛行機の真下でターザンロープをすることができます。1つしかないのですが、結構回転は早く、子供はターザンロープが大のお気に入りで何度もやっていました。

ターザンロープ

虹のかくれんボックス

ジャングルジムのような遊具です。プチクライミングもできます。少し迷路っぽくもなっていて、うちの子供は長いこと遊んでました。

ジャングルジムの周りには線路がひかれ、小さな電車のようなものに乗って、手で漕いで一周する乗り物もあります。3車両しかないので、そこそこ行列ができます。

空の滑走路(コンビカーに乗れる広場)

色々な形のコンビカーに乗ることができます。こちらは3歳以下のお子さんもたくさんいました。5周して交代するシステムですが、子供たちはみんな楽しくて、大抵の子供は5周以上はしてました笑。

コンビカー

混雑状況は?

平日は空いているのですが、土日は写真の通り、結構混んでいます。また、有料施設のもくもクラウドだけは、入場規制が入りますので土日は多少待たされてしまうことも覚悟しましょう。また、コックピット見学についても土日は約45分前後は待つことになります。夏休みや土日に行かれる際は混雑覚悟で楽しんでください。

パーク自体は広いですし、子供たちはあまり混雑を気にせず楽しんでいますのでそこまで気にする必要もないとは思います。

周辺のランチスポットやベビールーム、休憩室は?

フライトパークを囲むようにたくさんのお店が並んでいます!値段もそこまで高くないので、ランチや夕ご飯は飛行機をみながら楽しみましょう!

ベビールームや休憩室も完備されているので安心して赤ちゃんや子供もパーク内を楽しむことができます。

航空系ミュージアムって他にもあったの!?

名古屋には、あいち航空ミュージアムがあります!ただ、中部国際空港からは1時間以上かかってしまいます。こちらのミュージアムは、小型機がたくさん展示されていて、パイロットや整備士の体験プログラムもあります!

個人的には、未就学児向けはフライトオブドリームス、小学生以上はあいち航空ミュージアムがおすすめかなと思っています。

まとめ

フライトパークは、大人よりもむしろ子供たちにとてもおすすめな施設でした!今年の夏は、40度近くにもなり、屋外の公園などは熱中症の危険もあって怖いですよね。屋内でほぼ無料のこちらの施設は熱中症対策にもってこいのテーマパークでした!

こういったところに来ると子供たちの飛行機欲が高まります笑。飛行機グッズは、こちらでもさまざまな商品があります!私の子供のお気に入りは飛行機関係の本や飛行機の小さなプラモデルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました