スポンサーリンク

親子留学12〜ハワイ学校3日目。学校の変更を決意!

親子留学

ハワイの学校3日目の様子をお届けします。3日目に親子留学での大きな変化もありましたので、その辺も詳細を記載していきます。

スポンサーリンク

3日目に行く前の子供の様子

頑張ったらLEGOを買う約束もしたので、ある程度前向きになっています。今日もちゃんと英語使って頑張ってねと送り出します。

ちなみにハワイの物価は本当にどこも高すぎなのですが、LEGOに関しては日本とあまり変わらない値段です。写真で写っているアナ雪のお城もAmazonと価格差はほぼありませんでした。

ハワイの物価は高いがLEGOはそうでもない

3日目 僕のスクール

僕は3日目で大分慣れてきたというか落ち着いてきました。ただ、クラスメートは若い子が多く、あまりお友達もできないというのと、クラスメートともう少しコミュニケーションを取りたいなーという思いがあります。例えばランチに行ったり・・・笑

というわけで僕の次の目標は、もう少しクラスメートと絡めるよう頑張るとなりました。明日以降頑張ります。

3日目の子供のスクールが終わって

子供は楽しかった!と言ってくれました。大分慣れてきたのと、日本人先生が本当に良い方々なので、そういった良い面が出てきたと思います。

良かったとホッとした反面、ずっとわだかまりとして残っていたのが、明確になった気がしました。

今回の親子留学の最大の目的は、子供を英語に触れさせることです。経験や刺激を与えたいという思いで来ました。子供がスクールに満足してくれたのはとても嬉しいのですが、やはり日本人先生のもとだと、どうしても日本語が使われてしまう現状や本当の意味で海外の方々と触れ合えていない気がして、午後にもスクールをやっぱり入れようと強く決意できました!!!

午後のスクールはどこにするの?

午前中は、CPCというスクールに通っていました。CPCに決める前にもう一つ気になっていたスクールがHawaii Palms English Schoolというところでした。意を決して、すぐにでも入りたいと電話をしてみることにしました。

外人の方が出られたので、日本人の方がいるか聞いたところ、いないと言われてしまいました。

外人の男性の方が電話に出てくれました。僕は、当時、日本人の方とコミュニケーションを取っていたので、その方がいらっしゃるかと思ったら、日本人のスタッフが今不在と言われました。僕は電話でコミュニケーションをできるほどの英語力を持ち合わせていないので、今日は諦めようとしました。。

そうしたところ、電話に出てくれた方が、とても丁寧にわかりやすい英語で色々と助けてくれて、なんとか僕の子供を学校に入れたいという希望と今からそっちへ行くという点を伝えることができました。本当に優しく対応してくれて、とても感謝したのと、絶対にここへ入りたいなと強く思いました。

午後のスクールに到着

場所は、ワイキキ方面でロイヤルハワイアンセンターの目の前にあるビルでした。アラモアナからはバスで15分くらいでした。

そこで改めて男性の方から説明を受け、早速子供を入れることにしました。翌日から授業が受けられることになりとてもテンションが上がりました!

決め手となったのは、完全に日本語が存在しない環境であったのと、外人の講師が教えてくれるところです。

また、辿々しい英語にもかかわらず、親身に対応してくれた男性の方にもとても感謝でした。後から聞いたのですが、この方は校長先生でした笑。

ハワイパームスイングリッシュスクールのカリキュラムは?

PM1:30から4:00までの2時間半です。カリキュラムは以下のような内容です。詳細は明日以降、授業を受けた感想などを子供から聞いていきたいと思います。

ハワイパームスイングリッシュスクールの料金は?

料金は以下の通りでした。

  • 入学金:$150
  • Tシャツ代:$15 ※授業を受ける際、必ず専用のTシャツを着ます
  • 授業料:$90/回

料金体系でよかった点は、1回単位で申し込みができることでした。そのため、明日と明後日だけとりあえず申込するといったことができます。またかなりフレキシブルに日程変更も相談に乗ってくれるので、急な欠席などでお金が無駄になるといったことはなさそうです。

Tシャツ代はちょっと痛いんですけど、案外かわいいんですよね笑。日本に帰ってきても着せたくなります笑。

また、入学金は一度きりなので、また再来年とかやりたくなった時に改めて払う必要はありません。

今後とまとめ

ずっとモヤモヤしていた気持ちがとてもすっきりした1日でした。子供は午後もスクールを受けることになり少し負担も増えますが、しっかりサポートしていきたいです。そして子供がちゃんと楽しんでくれるか僕もワクワクします。

前の親子留学記事へ

親子留学体験記を最初から読む

子供のオンライン英会話の体験記事も書いています!良かったらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました