【体験記】レゴランド名古屋!マスクは!?3歳でも楽しめる?

レゴランド名古屋

2022年9月、初めて家族でレゴランド名古屋へ行ってきました!3歳と5歳の子供と一緒に行ってきたのですが、子供は楽しめる施設か?40度近い暑さの中のレゴランドはどうだったのか?マスクの着用状況は?真夏でおすすめのアトラクションは?など含めて体験をブログにしてみました。

目次

マスクの対応状況

レゴランドでは、子供は屋外ではマスクの着用は任意だそうで、屋内は3歳以上が必須となっておりました。屋外でのマスクはしていなくても注意されないため、本当に助かりました。レゴランドのアトラクションは、炎天下でベルトが高熱で触れないようなアトラクションもあるので、その中でのマスクはなかなか厳しいものがあると思いますのでありがたいです!

大人は、基本的に着用が必須ですが、屋外で時折外しながら歩いていても注意されることはもちろんなくて、結構暑さの中で外しながら歩いている人も多くいました。

レゴランドはディズニーほど厳しくなく、コロナより熱中症対策を考えてくれているようでした。屋外のアトラクションに乗るときは、時折スタッフの皆さんが「水分補給は大丈夫ですか?」と声をかけたりしてくれてやさしかったです。

ディズニーランドの様子はこちらのブログをご覧ください。

レゴランドの混雑具合は?

私たちは平日に行ったこともあり、とても空いていました。アトラクションの待ち時間は全て5分待ち!5分待ちというのは実質的には待ち時間なく乗ることができます。

ただ、平日で夏休み前のレゴランドは結構閉まっているレストランが多く、それが少し残念でした。灼熱の中、アイスを食べたかったのですがCLOSEしていたのがショックでした・・・笑

3歳や5歳も楽しめるレゴランドでおすすめのアトラクションは?

  • サブマリンアドベンチャー(屋内)
  • レゴファクトリーツアー(屋内)
  • オブザベーションタワー(屋内)
  • ブリック・パーティ(屋外だけど日陰)
  • デュプロ・エクスプレス(屋外だけど日陰)

レゴランドの屋外アトラクションは屋根もなくて、炎天下の中、待ったり体験するものも多いです。ただ、上記のアトラクションは、屋内または屋外でも日陰だったりするので、快適に楽しむことができます。冬なら寒い中凍える心配もなし!屋内と記載しているのは冷暖房完備!

特にサブマリンアドベンチャーはとってもおすすめ。潜水艦で海に潜って魚たちを見るアトラクションなのですが、魚が本物でびっくりしました笑。ディズニーの海底2万マイルを想像していたので良い意味で裏切られました。

ちなみに3歳の子供にディズニーの海底2万マイルは怖くて泣いてしまったのですが、レゴランドの方はとても楽しんでくれました!

レゴファクトリーツアーは、レゴブロックの制作過程が見れて最後にはプレゼントもありますので3歳でもバッチリ!

ブリックパーティ(メリーゴーランド)やデュプロエクスプレス(小さい電車に乗る)はライド系のアトラクションですが、待つところも含めて日陰なので、真夏や真冬でも比較的待ちやすいです。

これらは、3歳児でも怖いところ一切なく、とても楽しんでくれました。

真夏や真冬にあまりおすすめできないレゴランドの人気アトラクション

  • ドライビングスクール
  • レスキュー・アカデミー

ドライビングスクールは、日除けのない中、アスファルトの上を数分間運転するので、真夏では、かなり体力を消費します。子供はとても楽しんでたし、よかったのですが。。また、3歳でも運転は一応できるのですが、あまり上手にできてませんでした。ずっと壁と睨めっことか笑。5歳の子供はクルクル何周もしていました。

レスキュー・アカデミーは、炎天下の中で親も子供も消火活動のために色々と動いたりするので、ヘトヘトになります笑。ただ、真冬であれば良い運動にはなります。

レゴランドの熱中症対策は?

・水筒
私たちは水筒に氷を詰めるだけ詰めて、それにお水を入れて持っていきました。ただ、すぐにお水は無くなるので、その都度、自動販売機でお水や麦茶を買って補充しました。これをすることで常に冷たいものを飲むことができました。ちなみに家族4人で滞在中、6回も麦茶のペットボトルを買いました・・・!

ちなみに、水筒は夏に大活躍するので、食洗機対応で軽量のこちらの製品を使っています!

・塩分チャージ(タブレット)
滞在中、子供たちは2粒ほどタブレットを食べました。あまり摂りすぎるのも良くないとので、タイミングなどは難しいところですよね。相当量の汗はかくので、水分補給と共に塩分も忘れずにチャージしましょう。私たちは、お水や麦茶が中心なので、食べていますが、スポーツドリンクなどを飲んでいる場合は不要なケースもあります。

帽子
子供たちには常に帽子を被らせていました。直射日光から子供を守るためには帽子は非常に効果的です。通気性が悪いと、蒸れたり逆効果になってしまうので、その点は注意が必要ですね。また、屋内では帽子を外したり、少しでも快適に過ごして楽しみましょう。

・ベビーカー
私たちはレゴランドでベビーカーを借りました。1日1,000円です。入口すぐのBIG SHOPで借りることができます。これは小さい子供が疲れるのを防ぎ、子供の抱っこーーー!対策にもなります笑。荷物もたくさん運べますし、至る所にベビーカーを置いておけるスペースもありますので安心です。

周辺観光

 おすすめのホテルや観光スポットを以下のブログで書いていますのでぜひご覧ください!

あわせて読みたい
【愛知/名古屋】子連れで新幹線や貨物列車が見える名古屋JRゲートタワーホテルに泊まった話 22年10月、家族4人、子連れで名古屋JRゲートタワーホテルに宿泊しました!ここの宿をとった目的は、電車を見るためです!トレインビュールームはどういった電車が見えた...
あわせて読みたい
【解説】子供とフライト・オブ・ドリームス(フライトパーク)!楽しめる? 名古屋・中部国際空港にあるフライトパーク(フライト・オブ・ドリームス)に5歳と3歳の子供と行ってきました。2021年末にリニューアルした施設の遊び方、混雑状況、子供...

まとめ 3歳や5歳でも楽しめる?

家族4人で1日中過ごしましたが、3歳の子供も5歳の子供もとても楽しむことができました!子供達はレゴランドホテルに泊まりたいとうるさかったです。

今回は幸いにも人が少なくて、待ち時間もなく、快適に過ごせましたが、待ち時間があったり混雑していると、大変なのでなるべくなら、平日に行きたいですね。

今回は真夏に行ったのですが、待ち時間がなかったので、炎天下で40度近い環境でも、楽しく過ごすことができました!

ただ、炎天下の中、マスクも気にしながらアトラクション待ちするのは辛いです。また、屋外アトラクションはベルトもシートもアッツアツでその辺も避けようとすると、屋内系が中心になりますが、そうすると、あまり楽しめませんよね。

次回行くときは、真夏を避けるか、真夏でも空いている平日や夏休みを避けて行きたいと思います!真冬に行かれる場合は、防寒対策をしっかりしたいですね。

コメント

コメントする

目次